動画制作は自分でもできる?無料のツールやテンプレートをご紹介

動画の基本情報と自主制作に役立つ無料ツールやテンプレートを探そう

>

動画と編集動画の違いや動画編集の難易度を左右する要素

単純な動画と編集動画の違い

構造としては複数の画像を連結し連続表示するものが動画であるわけですが、スマートフォンの機能拡張と搭載カメラ機能の向上によって、カメラのレンズを介せば簡単に画像を撮影することができます。
スマートフォンのカメラ機能の延長線上で動画を撮影することは決して難しいことではなく、単純に何らかの風景や光景を撮影するだけでも十分です。
動画を撮影すること自体は難しいことではないのです。

動画に編集を加えた編集動画は、撮影した動画の画像上に何らかの加工を施すなり、バックミュージックや効果音、エフェクトを追加するなりの工夫を施すことで、動画のクオリティアップを図ることができます。
画像を連結し連続して表示する動画でも、動画として撮影して作成した動画でも変わりありません。

動画編集の難易度は用意できる機器次第

インターネットインフラが整い、スマートフォンをはじめとしたインターネット端末が容易に手に入る環境と資金さえあれば、動画の作成や編集自体は高機能なインターネット端末からサポートを受けられるため容易です。
逆に言うと動画の作成であれ編集であれ、その難易度は用意できる機器によって大きく左右されることになり、金銭と機器次第で動画の作成や編集の難易度は全く異なるでしょう。

特に、動画の編集は動画に手を加える関係上、動画の作成以上に手間がかかる場合もあるため、用意できる機器によって全く難易度が異なってしまいます。
動画撮影が可能なかつ動画編集機能も備えたデジタルカメラがあったとしても、動画編集は容易にはできません。
スマートフォンかパソコンさえあれば、動画の編集も比較的容易となります。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる